ニュース

緊急調査!同一新築タワーマンション内の坪単価差を比較
~首都圏の平均坪単価差は1.74倍、大阪では最大坪単価差4.18倍も~

不動産ビッグデータでビジネス展開するスタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、2014年以降に販売されたタワーマンション(20階以上のマンション)について、同一マンション内での坪単価を比較したので公表します(図表1)。

これは、タワーマンションの高層階と低層階で販売価格が異なるのに固定資産税額が変わらないことに対する不公平感の解消に向けて、政府・与党が制度改正の検討に入ったという報道を受けた、緊急調査です。

図表1

また、参考資料として、面積差を考慮せず、同一マンション内の最高分譲価格と最低分譲価格も比較しました(図表2)。分譲価格差が最大のものは、東京都心で販売されたマンションで、10.94倍もの差があることが分かりました。

図表2

-本件に関するお問い合わせ先-
スタイルアクト株式会社 ITコンサルティング事業部 菅(すが)
TEL:03-5537-6333 FAX:03-5537-6334 Email:pr@styleact.co.jp

 

2016.11.08