ニュース

買いたいマンションの価格 「割高?」 それとも 「お買い得?」
LINEで送信 数秒で中古マンションの想定成約価格がわかる
「SUUMO」掲載物件からスタート 中古マンション価格判定『スマピタ』 10月19日サービス開始

不動産コンサルティングを行うスタイルアクト株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:沖有人)は、2017年10月19日より広告中の中古マンションの想定成約価格を算出し、「割高」か「割安」かの判定結果をコミュニケーションアプリLINEから返信するサービス『スマピタ』の提供を開始します。

『スマピタ』は当社のビッグデータから算出した成約価格予測と不動産ポータルサイト掲載の販売価格を比較することによって、売り出し価格が割安なマンション探しをサポートできるサービスです。
サービス開始スタート時は不動産ポータルサイト「SUUMO(スーモ)」掲載の価格判定からスタートし、順次、他の不動産ポータルサイトも展開していく予定です。

■売出価格は実際の成約価格より平均10%割高!?
当社運営の不動産情報サイト『住まいサーフィン』掲載の情報は、300万戸超のビッグデータから導き出しています。現在まで10.8万回の査定実績があり、その精度の高さから、有料で当社の査定サービスを利用する不動産販売事業者もあります。
今回サービスを開始する『スマピタ』は、広告中の物件の価格判定をLINEから行えるため、手軽に想定成約価格を確認でき、購入時に最も重要な価格の目安を把握できるようになります。
当社が保有するビッグデータからの分析では【売出時と成約時で比較すると売出価格が平均10%割高】という結果が出ており、実際に『スマピタ』で判定される結果も85%は売出価格が割高と判定されます。残り15%の割安と判定された物件は、価格設定ミスか、売り急いでいるか、事故物件の確率が高くなります。こうした物件は「お買い得物件」と判定しています。

『スマピタ』は細かい物件情報の入力やLINE上のトークなどは不要であり、不動産ポータルサイトからLINEを送信するだけで、当社が物件データを保有しているものであれば数秒で判定結果が返信されます。家族との共有もLINEを通じでできるため、マンション購入検討時に活用しやすいサービスとなります。
本サービスは『住まいサーフィン』会員(無料会員)の登録者は物件数に制限なく利用でき、非会員は3URLまで利用できます。

※掲載されている会社名、サービス名は各社の商標または登録商標です。
※本サービスは、スタイルアクト株式会社が独自に展開するサービスです。

≪スマピタ概要≫
サービス開始日:2017年10月19日
サービス内容:コミュニケーションアプリLINEを活用した中古マンション価格判定サービス
利用方法:①LINEで、『住まいサーフィン』に友達登録する(LINEID:@smapita)
②『住まいサーフィン』の LINEIDに不動産ポータルサイトで見つけた気になる物件情報をLINEで送信する
③『住まいサーフィン 』から判定結果がLINEで返信される
料金:無料(住まいサーフィン会員は利用無制限、非会員は3回まで利用可)
URL:https://s.sumai-surfin.com/lp/smapita

スマピタイメージ画像

<お客様お問い合わせ先>
スタイルアクト株式会社 
TEL:03-5537-6333  FAX:03-5537-6334  E-mail:pr@styleact.co.jp
担当:丸山・北嶋

<報道関係者お問い合わせ先>
スタイルアクト広報事務局
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788  E-mail:pr@real-ize.com
担当:柴山(しばやま) (携帯:070‐1389‐0172)

2017.10.19