ニュース

第29回マンション購入に対する
意識調査の公表について

【要旨】
■資産性の高いマンション購入に9割が関心、特に都区部検討者は重視傾向顕著
■購入検討者の6割が価格高騰を実感

不動産ビッグデータを所有するスタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を実施いたしましたので公表します。

本調査は、自社インターネットサイト「住まいサーフィン」の登録会員のうち、直近3か月間に新築マンションの販売センターに行った経験がある方のみを対象として実施した「マンション購入に対するアンケート」です。供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数は公表されておりますので、弊社は、“購入検討者の心理”を四半期単位で時系列比較しております(第1回は2008年4月、今回で29回目)。

【調査期間と回収サンプル数】2015年4月3日~10日(104件)
【調査地域】全国

今回の調査では、現在の価格に対して約6割が「高い」と回答しました。価格高騰を実感している人は、前回の調査時(2015年1月)より増加しています。次に、1年後の価格については「上がる」と74%の人が予測しています。自由回答からは、価格高騰はオリンピックまで続くとの意見が多くみられます。

また、「資産性の高いマンションを買いたいですか?」という設問では、9割がポジティブ(そう思う+まあそう思う)な回答をしており、マンションを選択する上で資産性が重視されていることが明らかになりました。特に東京23区を購入検討する層では、その傾向が強く出ています。トップボックス(そう思う)比率が7割と、その他のエリア(4割)に比べ著しく高くなりました。

マンション用地の価格が上昇すると、新築マンションの供給は減少します。過去のデータから、新築マンションの分譲価格は、供給戸数に反比例することが判明しています。また、新築マンションの価格が高い要因としては、マンション用地の価格に加え、円安による資材費の高さおよび人件費の高騰による建築費の上昇があります。さらに、日銀の金融緩和により市場にあふれた資金が、不動産融資に回っていることも、マンション価格を押し上げる一因となっています。この状況が続く限り、新築マンションの分譲価格は高水準で推移すると考えられます。価格上昇を目の当たりにし、①もっと価格が高くなる前に購入したいという心理、②マンション価格が高いという現実、③資産性の高いものを選別したいという希望が入り混じり、物件選定を慎重に見極めようとする購入検討者の姿が今回の調査からは伺えます。

第29回マンション購入に対する意識調査 詳細結果、グラフ(PDF)

<本件に関するお問い合わせ先>
スタイルアクト株式会社 コンサルティング事業部 松本
TEL:03-5537-6333 FAX:03-5537-6334 
Email:pr@styleact.co.jp

2015.04.30