ニュース

“独身で自宅を買う人”のための専門サイト 
『家活』8月3日プレオープン

不動産ビッグデータを活用しコンサルティングを行う、スタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、独身者が自宅を購入することを
『家活TM(いえかつ)』と称し、情報を公開する専門サイト(URL:http://iekatu.com)を2018年8月3日(金)にプレオープンします。
今後は8月下旬に専門サイトとしてグランドオープンし『家活TM』の情報を提供していきます。

今回は、当社が運営するウェブサイト『住まいサーフィン』会員にアンケート調査を行い、『家活TM』経験者の内、独身時に自宅マンションを購入した83名を対象とし、お金事情に関しての調査を実施しました。

◆独身購入者の60%が“30代以下”
「何歳で購入したか」の調査では、20~30代が62%となりました。「家賃を払い続けるのが勿体ないから」という理由を挙げた人の割合も高く、社会人になった早い段階から将来支払う金額を考えて購入準備を始めていると考えられます。

独身時に自宅購入した年齢

 

独身時に自宅購入した理由

 

◆独身者、年収500万円で購入検討者が増加
当調査では独身時に自宅マンションを購入した人の年収や購入した際の自己資金についても聞きました。調査の結果、年収が500万円~1000万円台が47%と半数近くになり、年収500万円で購入する意識が増加することが分かりました。「家賃を払うのが勿体ない」と考える人も多いことから、家賃分を住宅ローンに変えて資産を作る考えをもつ若い世代が増えていると考えられます。

あ
購入者の年収

 

◆資金援助は300万円未満が最多、親に頼らない傾向に
マンション購入時の自己資金は500万円以下が3割、資金援助は300万円未満が78%となりました。資金援助の300万円未満には「まったく援助を受けていない」という人も含まれており、購入者は貯蓄500万円、年収500万円で購入している人が多いと言えます。

独身時に自宅購入した際の自己資金

 

独身時に自宅購入した際の資金援助金額

 

自宅マンション購入は、トータルの支払金額での差だけでなく、資産価値の高い物件を購入することで、売却時の含み益で資産を作ることができます。
当社は今後、独身者の自宅購入が増加すると予測しており、資産形成を考える独身者の自宅購入「家活」に有効な情報を発信していきます。

【調査概要】
対象  :住まいサーフィン会員 83名
調査期間:2018年4月13日~4月24日・7月17日~7月21日
調査方法:インターネット調査

<お客様お問い合わせ先>
スタイルアクト株式会社
TEL:03-5537-6333  FAX:03-5537-6334      E-mail:pr@styleact.co.jp
担当:丸山・北嶋

<報道関係者お問い合わせ先>
スタイルアクト広報事務局
TEL:03-5411-0066  FAX:03-3401-7788     E-mail:pr@netamoto.co.jp
担当:柴山(しばやま)  (携帯:070‐1389‐0172)

2018.08.03