ニュース

マンション入居者の外国人管理員に対する意識を調査
外国人への業務委任 決め手は管理会社への満足度

分譲マンション購入・売却検討者23万人を有するマンションのセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」(https://www.sumai-surfin.com/)は、マンション入居者に対し、外国人管理員に対する意識調査を行いました。
今回の調査では、「外国人管理員への“マンション管理業務”に対する委任意向」、「外国人管理員に期待すること、不安なこと」、「外国人管理員とAI・ロボットへの“清掃業務”に対する委任意向」について聞きました。

【要旨】
■管理会社への「満足度」が高まると外国人管理員への委任意向も高まるが
室内への立ち入りには抵抗感あり
■外国人管理員に期待することは「業務遂行力」
不安を感じることは「トラブル時などの対応力」・「ホスピタリティ力」
■「清掃業務」では、AI・ロボットのほうが外国人管理員よりも委任意向が高い

【調査結果】
■管理会社への「満足度」が高まると外国人管理員への委任意向も高まる
管理会社への「満足度」が高いほど、外国人管理員への委任意向が高いことが分かりました(図表1)。これは満足度が高いほどマンション管理会社への「信頼」が高まり、外国人管理員になっても業務レベルが維持されるという期待につながっているためと考えられます。マンション管理業務の中でも「清掃業務」では委任意向が高い一方、「入居者の室内で行う業務」では全体的に外国人管理員に任せることへの抵抗感は高く、特にマンション管理会社への不満層ではより委任意向が低くなっています。

図表1:DI(※1)管理会社への満足度とマンション管理業務の外国人委任意向

※1 DI(diffusion index)は(外国人労働者に「任せていいと思う」回答割合+「まあ任せていいと思う」回答割合)-(外国人労働者に「あまり任せたくない」回答割合+「任せたくない」回答割合)で算出

■外国人管理員に期待することは「業務遂行力」
不安を感じることは「トラブル時などの対応力」・「ホスピタリティ力」

外国人管理員に期待することは「業務遂行力」です(図表2)。一方、不安を感じることは「トラブル時などの対応力」、「ホスピタリティ力」となりました。
人手不足や高齢化が進む中、外国人管理員がマンション管理業務の遂行力向上につながるという意見も多くみられる中、ホスピタリティやトラブル対応力へ懸念が挙げられました。

図表2:DI(※2)外国人管理員に期待すること、不安なこと

※2 DI(diffusion index)は、(「期待すること」回答割合)-(「ためらいを感じること」回答割合)で算出

■「清掃業務」では、AI・ロボットのほうが外国人管理員よりも委任意向が高い
「清掃業務」の委任意向をDI(※3)で比較すると、外国人管理員への委任意向が52.2、AI・ロボットへの委任意向が66.9となり、AI・ロボットへの委任意向のほうが高くなりました(図表3)。「清掃業務」に関しては、AI・ロボットのほうが抵抗感は少なく、任せやすいことが伺えます。

図表3:DI(※3)外国人管理員とAI・ロボットへの「清掃業務」委任意向

※3 DI(diffusion index)は(外国人労働者/AI・ロボットに「任せていいと思う」回答割合+「まあ任せていいと思う」回答割合)-(外国人労働者/AI・ロボットに「あまり任せたくない」回答割合+「任せたくない」回答割合)で算出

【調査概要】
調査実施時期:2018年11月8日~13日(インターネット調査)
調査対象者:「管理状況に関する満足度調査(*)」の回答者 有効回答数:368
*実施時期2018年8月3日~14日、有効回答数:1,837

この調査結果の詳細は、「住まいサーフィン」でも公開します。
https://www.sumai-surfin.com/enquete_result/acceptingForeignLaborers2018/

<本件に関するお問い合わせ先>
スタイルアクト株式会社 住まいサーフィン広報担当:丸山、北嶋
TEL:03-5537-6333 FAX:03-5537-6334 Email:pr@styleact.co.jp

2018.12.27