ニュース

東京都区部・23区別 賃貸住宅市場の予測調査を実施
- 2025年までの稼働率と賃料を予測 -

不動産ビッグデータでビジネス展開するスタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、東京都区部全体・23区別の賃貸住宅市場の予測調査を実施しました。本結果は、同一内容を複数の企業に廉価に販売します。

昨今、東京都区部の賃貸住宅市況は、東日本大震災以降回復を続け、住宅REITが高稼働で、家賃の増額改定が行われるようになってきています。一方、新築マンションの売れ行き悪化は深刻になり、銀行の不正融資事件以降、個人の不動産投資家への収益用不動産の売買市場は混迷を帯びています。

当社は、賃貸市場の将来に対して見解が分かれる現在において、2025年までの賃貸住宅市況を予測することで、リターンとリスクの所在を明確にし、事業計画の基礎資料とすることを目的に、当調査を実施します。

なお、東京都区部の賃貸住宅市況は、行政区と面積帯の組み合わせでのセグメント間を比較すると、相当な格差が発生しています。当社は、23区単位の有望面積帯を特定することを目的に、23区別の調査も併せて実施します。

<①東京都区部全体の賃貸住宅市場の予測調査>
【調査概要】
東京都区部の賃貸住宅市場への影響要因を2025年まで予測する。主な影響要因として、需要(人口・世帯数)と供給(ストック・着工・滅失)から、稼働率と家賃の推計を行う。特に、これまで変動幅の少なかった在留外国人人口や都区部への転入超過人口の推移は、その要因と政策的に読める数字を織り込み、予測精度を高くする。

<東京都区部行政区別の賃貸住宅市場の予測調査>
【調査概要】
東京都23区別賃貸住宅市場の現況を賃料改定率から把握する。貸家ストックと借家需要から2025年までの需給バランスを予測し、有望な面積帯を序列化する。

-本件に関するお問い合わせ先-
スタイルアクト株式会社 ITコンサルティング事業部:澤・竹田
(メディア関係者様からのお問い合せ 広報担当:丸山・北嶋)
TEL:03-5537-6333 FAX:03-5537-6334 Email:pr@styleact.co.jp

2019.06.14