ニュース

入居者による第11回「管理会社満足度ランキング」発表

分譲マンション購入・売却検討者25万人を有するマンションのセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」(https://www.sumai-surfin.com/)は、マンション入居者に対し、管理会社満足度調査を行いました。「住まいサーフィン」は不動産ビッグデータを活用しコンサルティングを行う、スタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)が運営しています。

本調査は、資格者の数・管理戸数の数等のランキング結果ではなく、入居者の声を聞くことを目的とした管理会社に関する調査です。「住まいサーフィン」会員25万人のうちマンション購入済みの入居者や全国の大規模マンションの理事長様などに対し、管理状況に関する満足度について調査をしました。大規模マンションの理事長様への郵送調査は本年からの新たな取り組みとなります。本調査は、2009年から実施しており、今回で11年目となります。

【要旨】
■全体の総合満足度1位は、11年連続で野村不動産パートナーズ
■管理戸数10万戸未満の部門1位は、2年連続で東京建物アメニティサポート
■理事経験者による総合満足度1位は、初の三井不動産レジデンシャルサービス

【調査概要】
■調査実施時期:2019年7月17日~8月7日(インターネット調査、郵送調査)
■有効回答数:2266(サンプル数20件以上の管理会社をランキング対象としています)
■調査項目:(1)管理人 (2)管理会社 (3)コスト (4)サービス・イベント
(5)全体満足度 (6)推奨度
<総合満足度>は(5)全体満足度を1.25倍し、(6)推奨度を0.75倍した平均値から算出

【調査結果】
■全体ランキング1位 野村不動産パートナーズ
全体総合満足度1位は、野村不動産パートナーズ(71.9ポイント)でした。次いで、三井不動産レジデンシャルサービス(71.5ポイント)、東京建物アメニティサポート(67.4ポイント)という結果になりました。野村不動産パートナーズは、管理人ならびに管理会社の業務遂行に対する評価がすべての項目で1位ないし2位で、総合力においても(5)全体満足度と(6)推奨度の得点が共に全体1位でした。野村不動産パートナーズは今回の結果により、11年連続の1位となりました。三井不動産レジデンシャルサービスは、管理人ならびに管理会社に対する評価が高く、(5)全体満足度・(6)推奨度ともに高い評価を受け、総合2位となりました。東京建物アメニティサポートは、管理人に対する個別評価では全ての項目で前年度よりも高い評価を得たため、(5)全体満足度・(6)推奨度ともに評価が上がり、3位に躍進しました。

■10万戸未満の管理会社のランキング1位 東京建物アメニティサポート
管理戸数10万戸未満の企業のランキング1位は、東京建物アメニティサポートでした。東京建物アメニティサポートは同カテゴリーで同カテゴリーで2年連続の1位となりました。

■理事経験者のランキング1位 三井不動産レジデンシャルサービス
理事経験者によるランキング1位は、三井不動産レジデンシャルサービスとなりました。三井不動産レジデンシャルサービスが同カテゴリーで初の1位となりました。

 

 

*より詳細な企業別の項目ごとの結果は、「住まいサーフィン」でも公開します。

URL https://www.sumai-surfin.com/enquete_result/id34a_11.php
※メディア各社様向けにより詳細な図表を用意しておりますのでお問合せ先までお気軽にご連絡ください。
また、メディア以外での本調査結果の利用についても、下記広報までお問い合わせください。

<本件に関するお問い合わせ先>
スタイルアクト株式会社 住まいサーフィン広報担当:安藤、川嶋
TEL:03-5537-6333 Email:pr@styleact.co.jp

2019.10.10