ニュース

[住まいサーフィン]第50回マンション購入に対する意識調査の公表

withコロナへ、マンション選びも変化の兆し

オンライン訪問や商談の促進が今後の課題か

 

〈要旨〉

☑withコロナで購入意欲は6.2%回復へ

☑売り時DI(※)は、都区部で前回比3.8.ポイント増

☑根強い来場意欲、80%強がモデルルーム来場を選択へ

分譲マンション購入・売却検討者26万人を有する不動産のセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」(https://www.sumai-surfin.com/ 運営:スタイルアクト株式会社 東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、今回で50回目となるマンション購入検討者の定例意識調査を行いました。

本調査は、自社Webサイト「住まいサーフィン」の登録会員26万人のうち、 直近3か月間に新築マンションの販売センターに行った経験がある人のみを対象とし、マンション購入に対するアンケートを実施しています。

当社では購入検討者の心理を四半期単位で時系列比較しています。(第1回は2008年4月、今回で50回目)

分析結果から、購入意欲は徐々に回復していることがわかった。新型コロナウイルスにより購入意欲が減ったと回答した割合は、3割に留まっており、徐々に受け入れる体制に入ってきているといえそうだ。また、コロナの影響による変化については、東京都都区部の流入超過人口が5月単月でマイナスに転じた傾向と同様に、予算や検討エリアの変化を回答する割合が高く、要因としては休業や自粛による給与の減少や、テレワークが推進されたことにより勤務地にこだわる必要がなくなっていることが挙げられる。またそれに伴い、都区部では売り時と感じる人が増加している。

また、オンラインによるモデルルーム訪問や商談の実施有無については約16%とまだ少ないが、接続の不具合やなかなかイメージが感じられず不便を感じる人が約半数いた。今後、withコロナで一段とオンライン利用が必然となるため、接続環境の整備はもちろん、部屋のサイズ感や質感など細かい部分をどのように消費者へ伝えていき、オンライン利用の促進をしていくかが課題となりそうだ。

<調査概要>

【調査対象】
自社Webインターネットサイト「住まいサーフィン」の登録会員26万人のうち、
直近3か月間に新築マンションの販売センターに行った経験がある人

【調査期間と回収サンプル数】
第45回:19年04月22日~05月07日(270件)
第46回:19年08月29日~31日(143件)
第47回:19年10月18日~22日(254件)
第48回20年01月23日~02月04日(259件)
第49回:20年04月09日~15日(223件)
第50回:20年07月10日~20日(190件)

【調査地域】 全国

【調査方法】 自社Webサイト「住まいサーフィン( https://www.sumai-surfin.com/ )」

<調査結果詳細>

1:新型コロナウイルスによる購入意欲《ポイント》購入意欲が減ったと回答した割合は30.5%で前回比13%減少、やや回復してきた

2:売り時感

《ポイント》売り時と回答した割合は、32.6%とやや回復し、特に都区部では売り時と感じる人が増加

3:モデルルーム訪問や商談におけるオンラインと面前について

《ポイント》オンラインによるモデルルーム訪問や商談実施は16.3%と少なく、そのうち約半数は面前と比較して不便を感じているという結果に

この調査結果の詳細は、住まいサーフィンでもご覧いただけます。
https://www.sumai-surfin.com/enquete_result/id25_50.php

≪住まいサーフィン サイト概要≫
マンションの無料会員制セカンドオピニオンサイト。2004年より会員制に移行し、マンションの売買をする時に知りたい情報を”見える化”し、購入・売却検討者が知ることが難しかった不動産情報を得られる。マンションの査定価格・相場情報と会員の物件評価・デベロッパー評価などの豊富なコンテンツを持つ。中古マンション販売データ約280万件、賃貸データ約1億件を保有し、会員数は約26万人(2020年7月時点)を超える業界最大級の不動産ビッグデータカンパニーとして、不動産情報を調査・分析するスタイルアクト株式会社が運営している。

2020.07.30